虹の応用編にて

律動の月7日
KIN155青い水晶の鷲(協力する 捧げる 普遍化する/ヴィジョン 創り出す 心)



画像



このところ昼間もよ~く冷え込んで、本気で冬が来てる感じ。。。寒いのやだな(-_-)

そんな“冷”のイメージで描いたわけではありません。
これは先日、PSA基本10テーマのレッスンに来てくださっている生徒さんと描いた「虹のテーマ」の応用編。

虹は緩い曲線の型を作って描きますが、その型のカタチをちょっと変形させているだけ。
下書きもせずカッターでサクッと波型に切ればいいだけなので、基本の虹の型よりも簡単です。
使う部分を変えれば、表情の違う波型になります。

虹のテーマでは、もちろん虹の七色を使います。
そしてそれぞれの色の境目はよく馴染ませるのですが、この作品では白く残すようにしてみました。
一所懸命馴染ませても、結構くっきりハッキリ境目は残るけどね~。

これを描いているとき、BGMで流していた音楽にとても影響されているのを感じていました。
それがいいのかどうかなのですが、その時はよかったみたい。

というのは、チャクラに関連したCDだったのね。


画像



虹のテーマは七色なので、人体のチャクラの7(セブン)チャクラを説明するものこのテーマです。
まったく意図せず流していた音楽がそれだったのはラッキーでした。

応用編のイメージを膨らませていると、いつもは気にならないBGMにとても影響を受けている感じ。。。
思わず「なんか曲に影響を受けるな」と口にしたほどでした。

そこからは「流れ」という感じがしてこの作品になりましたが
下位のチャクラの色…レッド、オレンジ、イエローは見えてこなかったんです。
それで涼しげな色ばかりが並んでいるわけですが
描き終った時に確認すると第6(ロイヤルブルー)チャクラの曲が流れていたのでした。
描いていた時間から逆算すると、第4(グリーン)の終わり~第5(ブルー)~第6までが流れていたことに。

チャクラごとにあまり変わり映えのしないアルバムだな…と思っていたけれど
しっかりどこかのレベルでは聞き分けているようです。

気に入ったことも含めて、虹のテーマとチャクラのちょっと面白い発見があった一枚でした。

この記事へのコメント